協会活動の⾃粛のお知らせ

静医ソ協発第2020-02

令和2年4月30日

会員各位

静岡県医療ソーシャルワーカー協会

会長 中村 敬

静岡県医療ソーシャルワーカー協会活動の自粛について(お願い)

拝啓

陽春の候、会員の皆様におかれましては、ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。日頃は、協会活動にご尽力頂き、誠にありがとうございます。

現在は、新型コロナウィルス感染の蔓延が収まらず、皆様におかれましても、所属機関において、大変ご多忙な時期をお過ごしかと存じます。当協会におきましても、毎月開催しておりました理事会を中止した中で、少人数の役員会を臨時で開催し検討のうえ、各地区での活動につきましては、自粛して頂くこととしてきました。

そのような中、定期総会につきましても慎重に検討を重ねて参りましたが、現状においては例年どおりの5月開催は困難と判断し、開催延期を決定致しました。

2020年度につきましては協会発足60周年となります。この節目の時期にあわせて、積年の懸案事項であった協会の法人化について進展を図るため、先年度に「法人化準備委員会」を発足し、本格的な取り組みを開始した矢先でした。今年度の総会において皆様に法人化のご審議を頂けるよう準備しておりましたが、それらの活動も停止している状態です。

定期総会を含め、本年度の研修会等の協会活動につきましては、新型コロナウィルスの蔓延が終息へと向かい次第、再開していきたいと考えておりますが、先行き不透明な情勢でありますので、ともかく、6月末までは協会活動を休止とさせて頂きたいと存じます。

本年度は診療報酬の改定もあり、情報交換や研修を必要とされる中、研鑚の機会が減り、大変ご不便をおかけしますが、感染爆発による医療崩壊を招かないため、ご理解ご協力頂けますようお願い申し上げます。

大変な状況ですが、皆様もご自身の体調管理にご留意頂きたいと存じます。晴れて協会活動が再開できた暁には、笑顔で再会できますこと、ご祈念申し上げます。

敬具